Sustainable Good Food Consulting

これまでの発想を転換させた新しい食作り

食材の新しい可能性を引き出して、多様性と持続性のある食をデザインします

サスティナブルな食作りをサポートします

サスティナブルな食作りをサポートします

新田 美砂子Misako Nitta
農産物プロデューサー・フードデザイナー/農産物を『商品』&『食品』としての価値を高められる専門家 
経営管理修士(MBA)

多様化するニーズに応える食づくり

多様化するニーズと多様な食材をうまくマッチさせることで、食の多様性と生物多様性の損失阻止に繫げます

適材適所でもったいないをなくす

食品も人と同じで、特性を見極めて、用途を考えることでもったいないを減らしていきます

健康で人にやさしい食づくり

健康的で、食べる人や食べるシーンを具体的に想定した“人にやさしい食づくり”をします

見えない課題を発見して、柔軟に解決方法を見つけます

現場経験×食のプロ×MBA

現場経験×食のプロ×MBA

生産から販売までの現場を知っている農産物のマーケティング&
食作りの専門家

トータルコンサルティング

トータルコンサルティング

商品企画設計から販促までトータルコンサルティング

専門家とのチームコンサルティング
(デザイナー、カメラマン、弁護士、弁理士、中小企業診断士等)

豊富な実績と幅広いネットワーク

豊富な実績と幅広いネットワーク

レシピ開発は800アイテム以上、
商品開発は50件以上の実績

大手食品企業様から生産者様まで、多様なクライアントや関係者とのご縁からの幅広いネットワーク

最新の実績

実績一覧

よくあるご質問

気になる質問をクリックして下さい

質問1 依頼したいけれど、報酬体系がわからないので教えて下さい
ご要望の内容が案件ごとに異なるので、一概には申し上げられませんが、基本的なケースを申し上げますと、コンサルティング基本料(相談・課題発見、提案)+解決のために実動する人権費(人件費×時間数)+諸経費とお考えいただけたらと思います。お問合せフォームからお気軽にご連絡下さい。
質問2 依頼からコンサルティングまでの流れを教えて下さい
お問合せフォームよりお問合せ→2営業日以内に返信→ヒアリングとご要望内容の確認(メールまたは電話)→ お会いして解決したい課題のご相談(解決方法をご提案した場合はコンサルティングとなり有料)→ お見積り→ コンサルティング契約 
質問3 タッグを組んでいる専門家とはどういう方達ですか?
例えば、デザイナーさんは、webが得意な方、パッケージデザインが得意な方、紙媒体や空間デザインが得意な方など、それぞれ特徴があります。その案件にフィットする専門家の方々に一緒に参加していただいています。(デザイナー、カメラマン、弁理士、弁護士、スタイリストなど)
質問4 Misakoメソッドについて教えて下さい
多種多様な農産物を、適材適所で活用するための「少量生産×効率化」の考え方をメソッド化したものです。作りたいメニューから素材を探すのではなく、素材からメニューを考えるというサスティナブルな開発メソッドです。メソッドの研修にご興味がある方は、お問合せ下さい。
質問5 農産物でなくても開発は出来ますか?
可能です。これまで、豚肉、魚などの開発の他、地域農産物同士を活用(農産物×魚、農産物×豚など)を開発した事例もあります。
質問6 外食や中食のメニューの改良について相談できますか?
はい、可能です。過去にも都内レストランや地方の農家レストラン、惣菜開発や改良などのコンサルティングを行っています。
質問7 アドバイザー契約は可能ですか?
はい、アドバイザー(顧問)契約もさせていただいています。パートナー型コンサルタントとして色々細かいことを聞きたい時に、気軽に相談したいという企業・団体様がクライアントです。
質問8 企業・団体研修はどのような形で実施していますか?
お客様のニーズをヒアリングしたのち、目的に応じてカスタマイズした形が主です。内容や回数、費用などはお問合せ下さい。

お問合せ

お問い合わせ項目